仕事を辞めずに資格取ろう

働きながら取得できる資格の種類

意外と多い要普通自動車免許の募集要件

働きながら資格を新たに取得しようと考えたことはありますか?
資格を取るには、自分で勉強して受験することができるものと、自分で勉強するだけではなく実習を受けその後試験を受けることができるものというように、一口に資格といっても取得できる方法には違いがあります。
医療関係の資格は2、3日受けたらよい講習などと違い、数週間から数か月間をいくつかの病院実習を朝から夕方まで勤務するのと同じように行わなければなりませんので、働きながら取れる資格のカテゴリーには入らないものが大半です。
このように医療関係の資格のように、国家試験を受験するのに必要な単位・時間を履修しなければならない資格は、仕事の片手間でとることは困難です。
ですので、働きながら資格を取得するにはある程度の制約も出てきます。
それではどんな資格であれば働きながら取得することが可能なのでしょうか?
資格は大きく3つに分けられます。(1)国家資格、(2)公的資格、(3)民間資格に分けることができ、国家資格はその名の通り、国の法に基づき資格を取得することができます。公的資格は地方自治体や公益法人などにより認定されるもので、民間資格は民間の団体が行う試験でこれにより認定される資格となります。
この3つの中では国家資格がやはり信頼度としては高いです。ただTOEICなどのように民間資格であっても、採用の際の条件のひとつとなるようなものもあります。
資格はただやみくもに何でも取得すればよいのではなく、何を目的としてその資格を取得するのかが重要です。勉強する時間は限られていますから。
実務経験が必要な資格なのか、誰でも受験が可能な資格なのか。まずこの点で自分が取れる資格がふるい分けられます。